キッチンの配置(対面型、壁付け型、アイランド型)

富山市の小椋建築、代表の小椋です。

キッチンの配置を変えよう

台所、キッチンのリフォームにあたり、床・壁・天井の内装を新しくリフォームして、キッチン本体も新しく取り替える工事内容となりました、その際キッチンの配置変更を検討したいということでお施主さんと一緒にいろいろと打ち合わせを行いました。

  • 壁付け型
  • 対面型
  • アイランド型

配置の種類としては、上記の3タイプに大きく分けられるかと思います。それぞれに、メリットデメリットがあり簡単には決められません。一つ一つ検討していきたいと思います。

壁付け型キッチン

キッチンの配置(壁付け型)

このタイプのキッチンが一番多いんではないでしょうか、以前は対面型やアイランド型の概念が無く壁付けタイプが普通でした。リフォームで伺うお宅は大体築20年以上ですが、ほぼ壁付けタイプになっています。

壁付けキッチンのメリット

壁付けタイプのメリットとしては、場所を取らないことですね。家事導線の通路とダイニングの場所を兼用できるので、その分面積を取らなくてすみます。

あと以外と忘れがちですが、ダイニングテーブルにすぐに行けます、障害物が無いので料理の運搬などがスムーズです。

壁付けキッチンのデメリット

デメリットは、キッチン全体を見られることではないでしょうか、影になる壁が無いので調味料や食材の配膳や、鍋の中も見えてしまうかもしれません。食器棚の配置も難しくなりますね。

リビング・ダイニングに背を向けて料理する事になるので、子供の様子を見ながら料理が出来ないことも挙げられます。
が、個人的に振り向けばいいのではなんてことを思ってしまいました。それと、子供がリビングダイニングにいる時に料理を作るのは中学校くらいまでのような気がします。その十数年のために対面にするのかも検討事項になりますね。

対面型キッチン

キッチンの配置(対面型)

対面型キッチンのメリット

新築住宅の場合、大体この対面型を選択されます。対面型のメリットは、キッチンの手元が見られないことでしょうね。突然の来客ということは滅多に無いことでしょうが料理の途中や片付け前の状態を見られるのはちょっと・・と言われる方は多いです。

キッチンの前を大工さんに壁を作ってもらい少し高くしておけば手元が隠れます。その際カウンターを付けてもらえば、カウンターに料理を置きダイニング側の人に取ってもらえますし、食事後の食器の片付けも同様に出来、便利に使えますね。

また、食器棚もキッチンの背中側に置くことが出来て、キッチン全体がすっきりとさせることが出来、そして子供の様子を見ながらの料理が出来ます。

キッチンの配置(対面型)

対面型キッチンのデメリット

デメリットとしては、面積が取られること。キッチンの導線とダイニングの場所を兼用出来ない分余計に場所が必要です。そしてダイニング側へすぐに行けないことです、キッチン本体が’どん’とありますから。

ダイニング側にも収納を

キッチンの配置(対面型)

またはこんな使い方もあります、対面型のキッチンですキッチン本体のダイニング側に収納を設ける形状です。食器を入れてもいいですし、食卓で使う調味料やごはんのお供ふりかけ、果物なども自由に置くことが出来ます。

キッチンメーカーにもこのような収納が一体になった商品がありますが、ちょっとお値段が張ります。これは当社で作った物です。この写真のように大工さんに作ってもらうと費用を抑えることができますよ。

アイランド型キッチン

キッチンの配置(アイランド型)

アイランド型の定義が、キッチンを壁から切り離し島(アイランド)のように配置すること。
とありましたので、当社で施工させて頂いたこの写真の形状が、アイランド型に当てはまるかわかりませんが、島のように配置しキッチンをぐるりと回遊できる形状になっています。それと壁が一枚設けてあります。(油跳ね防止兼目隠し)

アイランド型キッチンのメリット

アイランド型のメリットとしては、キッチンをグルリと回遊できる自由な導線と、仲間とキッチンを取り囲んでのおしゃべりや料理、パーティーのような演出が出来ることかと思います。

アイランド型キッチンのデメリット

デメリットは、対面型キッチンと同様面積が必要になること、またこのような見せるキッチンは維持が大変かと・・

あとは、壁が無いのがアイランド型の特徴でもありますが、そのことによって油が自由に飛び散り掃除が大変なようです。壁があった方が飛び散ることも無く都合が言いようです。

キッチンの配置(アイランド型)

こうやって見てくるとアイランド型は服装のお洒落にも似ているように感じました、お洒落のためには寒さや暑さは二の次と聞きます、キッチンを楽しむためには油跳ねなんて二の次みたいな感じでしょうか。

やっぱり生活スタイルに合わせて

これ以外にもたくさんのメリット・デメリットがあると思います。いろんなことを検討して、ご自身にあったキッチンスタイルを作って下さい。

その際は、実物と対峙するのが一番イメージが掴みやすいのでメーカーのショールームに行かれるのをお薦めします。ショールームスタッフの方もいろいろとアドバイスをくれます。アドバイスも参考に検討してみて下さい。

そして今回のキッチンリフォームのご相談の結果は、いろいろと検討して壁付け型キッチンとなりました、理由は使いやすいということと台所の面積に限りがあったからということです。

皆さん思いが違い優先するところは様々です。迷ったらご相談下さい。