増築と縁側にリフォーム

リフォーム前は南側に押入れがあるお部屋でした。せっかくの南側が押入で、部屋が暗くて風通しもよくありませんでした。
今回は、押入れを縁側にし、ポーチをつくって明るく風通しのよい部屋にリフォームします。

別のお部屋の1階2階を少し増築して、部屋を広くします。

増築工事と和室リフォーム

増築工事の準備

基礎部分をつくってから、足場を組み外壁のトタンを剥がして、増築前の作業をしています。

増築工事と和室リフォーム

1階2階増築部分の柱,桁を、組んでいきます

増築工事と和室リフォーム

南側に長戸が入りポーチ屋根を組みました

増築工事と和室リフォーム

リフォーム後

南側に押入が造られていた和室に縁側とポーチが出来、明るく風通しの良いお部屋になりました。

増築工事と和室リフォーム

2階の部屋にも洗濯物が干せるように増築されました。
畳の下のタルキも補強し、壁の塗り替え,新畳を入れ、室内建具も新しく造作し、カーテン類も新しくなり気持ちよく過ごせる部屋になりました。

押入には、高さを変えられる棚がつきました

増築工事と和室リフォーム

増築工事と和室のリフォーム工事

南側に、縁側とポーチを造られたので明るく風通しもよくなり、洗濯物の乾きもよさそうです。
お施主様のお宅は谷が横にあり、夏の暑い日も谷から気持ちよい風が入りそうでした。

押入れには、枕棚の下に高さが調整できる金物を使用し、棚を設けました。
手前側は、高さのある物が置けるように棚板の奥行きを30cmにし、小物の収納もしやすくなりました。

前の記事

出窓の下に収納をつくる

次の記事

車庫の一部を部屋に