浴槽入れ替え

一般にお風呂の入れ替えと言えばユニットバスと思われますが、浴槽だけを入れ替える工事もあります。

老朽化で汚れてきたプラスチックの浴槽入れ替えと、床タイル交換の工事を行いました。

浴槽とタイルのリフォーム工事

浴槽の解体

壁のタイルを傷つけないように慎重に浴槽だけを取り外します。その後新しい浴槽に合わせ、お湯、水の配管、そして排水管の設置をしていきます。浴槽の入れ替えだけなので、蛇口はそのまま利用することになり残しておきます。

浴槽とタイルのリフォーム工事

浴槽、タイル工事リフォーム後

新しい浴槽を設置してから、床のタイルを貼りました。
こちらのタイルは一般的なものと違い「サーモタイル」と呼ばれ、タイルの中に気泡がたくさん入っており、冷たさを感じにくい商品です。ヒンヤリ感を軽減し、歩行時の安心感が高い50mm角のタイルを使用しました。

浴槽とタイルのリフォーム工事

手すりがつきました

入浴の出入りにつかまるのに、出入り口に手摺りを取り付けました。

浴槽とタイルのリフォーム工事

ユニットバスと比べると自由度が高い

選べる種類が決まっているユニットバスと違い、浴槽の配置、高さ、タイルの色、柄、また蛇口の選択など、好きな素材を組み合わせられ、自由度が高く、なにより費用を抑えられるのが、このお風呂のメリットになります。

前の記事

体によい部屋へ