体によい部屋へ

富山市の小椋建築 代表の小椋です。

自然素材リフォーム前

一般的な、天井・壁がクロス貼りの洋室です。
お子様がアレルギー体質なので、自然素材を使って部屋を改装して欲しいとご依頼いただきました。

自然素材リフォーム

自然素材リフォーム後

天井,壁材,クローゼット内の壁は、調湿性能,高い消臭性能を兼備した建材を使用。
腰板は、杉板。床材は、南洋桜のフローリングを使用。ボンドは、天然素材の米粉ボンドを使用し、塗料も自然塗料を使用しました。

自然素材リフォーム

壁、天井に調湿建材を使用したクローゼット

自然素材リフォーム
自然素材リフォーム

自然素材リフォーム

調湿性能,消臭性能が高い体によい建材を使用しました。

ボンドは、米粉ボンドを使用し、塗料は天然塗料を使用しました。

湿気は、高いとアレルギーの原因にもなるカビやダニが発生したりしますし、低いとウィルスが活発化し、かぜにかかりやすくなるって言われますよね。

今回使用した天井材は、低VOC,調湿,消臭,ホルムアルデヒドの吸着からマイナスイオン発生性能を備えた天井材を使用しました。もちろん壁に使用した建材も低VOC,調湿,消臭,ホルムアルデヒドの吸着作用のある壁材です。

改装された部屋に入った時、アレルギー体質ではない私ですが、「空気がきれい!」って思いました。

前の記事

階段に手すりを取り付け

次の記事

浴槽入れ替え