廊下に手すり取り付け

富山市の小椋建築 代表の小椋です。

家全体を見直し、必要な箇所へ必要な分だけ手すりを各所に取り付けてきました。

  • 廊下手摺り :全12m
  • トイレ手すり:3カ所
  • 玄関手すり :1カ所
手すりの取り付け工事

トイレ手すり

手すりの取り付け工事

廊下、トイレなど全部で16m分の手すり取り付けとなりました。

ベース板でしっかり固定

手すりには体重が掛かるため、しっかりとした下地に取り付ける必要があります。ただその下地は大概手すりの取り付けたい場所には無いため、先に手すりを付けるためのベース板を取り付けます。このベース板の分、費用が余計に掛かるのと、見た目が悪いので無くしたいところですが、体重を支えるしっかりとした作りにするためには致し方ありません。

手すりの取り付け工事

家中に手摺りが取り付き、安心して歩行出来るようになりました。

前の記事

外壁の塗装リフォーム