屋根軒裏天井を貼り替え

富山市の小椋建築、代表の小椋です。

老朽化でめくれてきた、屋根の裏側の天井(軒裏天井)の張り替え

施工前

軒天リフォームbefore

軒裏天井をめくったところ

施工後

軒天リフォーム

軒裏にはセメント系の板

工事前軒裏天井は木の板が張ってありましたが、風化してボロボロで今にも剥がれ落ちてくる状態でした。このままではコウモリや鳥が侵入したり、風雨の時は雨も侵入し木が腐ることも考えられました。

気の板を剥がし、セメント系の水に強い板、ケイカル板に張り替えました。軒裏といえど、風雨の時はどうしても雨水が掛かり濡れてしまいます。このような雨に濡れる心配のある外部には、水に強い材料がこのましいです。

小椋建築では、生活の不便を便利に変え、快適に使ってもらえるように、そして快適に生活できるようにお手伝いをさせて頂いています。家に関わる気になること、お気軽にご相談・お問い合わせ下さい。私小椋がお客様担当です。

前の記事

廊下に手すり取り付け

次の記事

折れた屋根の修理