ボイラーの配管水漏れ修理

富山市の小椋建築、代表の小椋です。

石油ボイラー

石油ボイラーから水漏れがあり修理に行ってきました。

ボイラー修理

ボイラーからの水漏れの場合、ボイラー本体から漏れている場合と、配管から漏れている場合があります。ボイラー本体から水漏れしている場合はボイラー製造メーカーが、配管から漏れている場合は配管工事店が修理を受け持つことになります。

ただどちらから漏れているかは、良く観察しないとわからず、ましてや慌てているときには判断が付きにくいものです。水漏れ修理の依頼は年間通して多くあります、今回の水漏れも原因がわからず私がまず確認に伺いました。

20年間使用のボイラー

外観がきれいなボイラーでしたが、結構使い込まれていてお聞きすると20年くらい使用されているとのこと。

私の経験から通常約10年が石油ボイラーの寿命で、15年使用できれば儲けものみたいに言われます。それが20年も使用されているとは超長期寿命に驚きました。

使用頻度や設置場所、その土地の水質など様々な条件の結果だと思いますが、良い品物に当たったんですね。

原因は配管のサビ

ボイラー修理

配管工事店の仲間に来てもらい修理作業をしてもらいました。水漏れの原因となっていた配管を取り替えるため取ってもらうと、配管内に大量のサビが付着しており管の中を塞いでいてこれが原因で水漏れしていたようです。こんなにビッシリとサビが詰まっているとはオドロキです。

今回、配管が原因の水漏れだったのでボイラー本体は以上なかったのですが、これを機にボイラーも配管と一緒に取り替えることとなりました。

ボイラーは動くのでもったいない気もしますが、取り替えに私は賛成です。どうしてかというと製造メーカーが作ってから10年ほどすると部品を作らなくなり、本当に壊れた時に修理が出来ない可能性が高いからです。異常の無い今のうちが一番かと思います。

小椋建築では、生活の不便を便利に変え、快適に使ってもらえるように、そして快適に生活できるようにお手伝いをさせて頂いています。家に関わる気になること、お気軽にご相談・お問い合わせ下さい。私小椋がお客様担当です。

前の記事

廊下の床の張り替え

次の記事

IH調理器の取り替え