雨樋取り替えリフォーム

富山市の小椋建築、代表の小椋です。

雨樋が雪の重みで曲がってしまいました

正確に言うと樋を受けている金具が曲がって、雨樋がお辞儀したようになっています。
こうなると雨水を受けきれずに雨がそこら中にポタッと落ちてくることになります。

雨樋取り替えリフォーム
雨樋取り替えリフォーム

雨樋は雨水を受けるため、屋根先より少し出っ張って取り付けられています。
そのため雪が積もってくると、雨樋に雪が引っかかるような状態になり雪の重さがどんどん大きくなって、耐えられなくなるとこんな風に曲がってしまいます。

金具の数や金具の強度、屋根先からの出っ張り具合によって引き起こされてしまいます。

吊り金具の取り替え

こちらの修理方法は、
屋根からの出っ張り寸法は変えられなかったので、重みに耐えられるような金具への変更と金具の数を増やし、雨樋のほうは変形も見られたので、新しい物に取り替えることにしました。

曲がりにくい樋金具

以前取り付けてあった金具と比べると、下に金物が1本付いていて
これが曲がり防止の役割をしています。この1本で強度がずいぶんと違います。

曲がりにくい樋金具
曲がりにくい樋金具

雨樋も取り替え

全体に強い金物を多く取付け、雨樋も新しくなりました。

また、樋が金物から外れるのを防止するため、針金にてしっかりと固定しておきます。
これで雪にも耐えられるようになりました。

雨樋取り替えリフォーム

富山は雪の多いところです。雪の対策も万全にしたいですね。

前の記事

新しい外部物置

次の記事

勝手口を塞ぐ