車庫の外壁と屋根の塗装リフォーム

富山市の小椋建築、代表の小椋です。

車庫兼物置の小屋です。
外壁、屋根ともに、鋼板が張ってあります。鋼板とはトタンのことです。

塗装工事前

風雨によりトタンが劣化し、サビが出始めていました。
張り替えの検討もありましたが、トタンは穴も空いておらず、ひどい状態では無かったため塗装にて保護する事になりました。
費用面でも張り替えよりも塗装の方が安価で工事する事が出来ます。

車庫の塗装リフォーム

サビ止め塗装

足場を組んで、現在の外壁の汚れとサビを落とし、サビ止めの塗装をします。
その名の通りさびにくくする塗装剤になります。

写真の茶色く見えるのがサビ止めの塗装で、ビルや工場などの工事現場で鉄骨が組まれている様子を見てもらえると、鉄骨にこんな茶色の塗装がしてあるのが分かると思います。
その鉄骨に塗装してあるサビ止めと同じものになります。

車庫の塗装リフォーム

屋根材にもサビ止め塗装

屋根も外壁と同じく、汚れとサビを落としサビ止め塗装をしていきます。
サビ止め塗装を乾燥させて仕上げの塗装をしていきます。

車庫の塗装リフォーム

屋根塗装完了です。

車庫の塗装リフォーム

外壁塗装完了

足場を解体して完了です。
今回の塗装工事で、屋根の木の部分、雨樋、シャッターも一緒に塗装工事を行い、全体が一新されました。

車庫の塗装リフォーム

早めの対処が長持ちさせるコツです

塗装は、比較的安価で工事も早くて
屋根、外壁を保護するにはいいものだと思います。
ただ外壁や屋根のトタンの状態が悪いと、塗装することが出来ずに、貼り替えするしかなくなります。あまり放置せず、気づいたときに早めに対処されるのが屋根、外壁を長持ちさせるコツになりますね。

前の記事

水まわり設備を一新

次の記事

部屋を増やしたい