畳をフローリングに、縁側を畳に

富山市の小椋建築 代表の小椋です。

  • 二間続きの和室を一部屋畳を上げて、フローリングにして応接室をつくりたい
  • 縁側を仕切って畳、建具を入れて部屋にしたい
  • 応接室として使っていた部屋を畳敷きの部屋にしたい

と、ご依頼をいただきました。

リフォーム前

畳を上げて、フローリングを張る前です。

床のリフォーム

工事前の縁側です

床のリフォーム

工事の経過

床板を貼る前に隣の部屋と高さを合わせる為に下地をしています

床のリフォーム

床板を貼る前の下地作業が終わり床板を張ります

床のリフォーム

リフォーム後

和室が応接室へ

畳を上げて、カリン材の床板を貼り、隣の畳の部屋との段差もなく落ち着いた色の応接室になりました。

床のリフォーム

縁側が畳の部屋に

押入を造作して、新畳,建具が入り四畳の部屋の完成です。

床のリフォーム

応接室が畳のプライベートルームに

水色系の縁で新畳にされ、さわやかな感じのお部屋になりました

床のリフォーム

壁だった所を、抜いて室内ドアを入れました。壁に出入口をつくったことで、

床のリフォーム

前の記事

減築

次の記事

廊下の床を重ね張り