ブロック塀リフォーム

富山市の小椋建築、代表の小椋です。

空き地だったお隣さんに家が建ちました

お隣ささんとの境、塀やフェンス等をしたりしなかったり、いろんな考えがありますが、
家が境界に近いこともあり、塀を作ることになりました。

塀の種類も様々あります

ブロックをセメントで固めて積み上げるブロック塀、ブロックの上に取り付けるアルミフェンス、コンクリートで作るコンクリート塀、木で作る木塀、等々ありますが
今回は簡易に出来るブロック塀を作ることにしました。

ブロック積において、1段目が肝心なところになります。
水平と垂直に通り(まっすぐな線)を見ながら、しっかりと据えつけます。

ブロック塀リフォーム

後は、順番に上へ積み上げていきます。

ブロック塀リフォーム

狭い所でも大丈夫

この場所は、ちょっと狭い所でしたが何とか工事が出来ました。人ひとり入るスペースがあれば、なんとか工事は可能です。
またお隣の敷地に入っても良ければやりにくいことなく工事が進められます。

ブロック塀リフォーム

中間あたりには、ブロック塀が倒れるの防止するために控えを設けます。
これは塀の長さにより大きさや、箇所数が変化してきます。

基礎20㎝、ブロック6段120㎝で140㎝の塀が出来ました

少し、頭が出るくらいの高さです。

高さは自由です

高さは自由に決められるので、もっと高くすることも出来ますし、低くすることも出来ます。
ただあまり高いと、お隣さんとの距離が出来てしまいそうですし、低いと塀をする意味合いが無くなりそうです。
この高さをどうするかは、家の方の感覚によるかと思います。

前の記事

換気扇取替え