外壁塗装、フッ素塗料

富山市の小椋建築、代表の小椋です。

外壁材の塗装を行いました。

塗装前

外壁塗装

築17年目の外壁です。塗装の劣化が見られ、外壁の隙間埋めに使ってあるコーキングもひび割れや剥離が見受けられました。

塗装後

外壁塗装

色つけ塗装をすると、どうしても1色になってしまいます。今回正面のレンガ模様がきれいでその色合いを残すために透明の塗料を提案し採用頂きました。

正面のきれいなレンガ色はそのままとしたので、今までの雰囲気が残り、他のグレーの面はアイボリー色として全体に明るく仕上がりました。

コーキングの劣化

外壁塗装

コーキングは経年で劣化していってしまいます。弾力性が無くなりひび割れを起こしたり、外壁材との接着が切れて剥離して行きます。そうするとコーキングの役目を果たさずに雨水などの侵入が起こってしまいます。

そのため現在のコーキングを剥ぎ取り、新しくコーキングを打っていき雨水などの侵入をふせいていきます。写真のところは少し弾力性がありまだ良い状態でしたが、部分的だったので家全体のコーキングを打ち替えました。

窓上ひさし

外壁塗装

窓の上に付けてあった庇(小屋根)ですが、雨水が侵入して、ベニヤ板がボソボソになっていたので、この塗装工事を機にひさしを撤去し外壁を張り直しました。

外壁塗装

似たような外壁材がまだ存在していたので、貼り直したところが意外とわからずうまく貼ることが出来ました。この上から塗装を掛ければ違和感無く仕上がります。

工事中、養生シート

外壁塗装

塗装後

外壁塗装
外壁塗装

レンガ部分はきれいで家の特徴にもなっていたので、透明にして雰囲気が残り正解でした。

小椋建築では、生活の不便を便利に変え、快適に使ってもらえるように、そして快適に生活できるようにお手伝いをさせて頂いています。家に関わる気になること、お気軽にご相談・お問い合わせ下さい。私小椋がお客様担当です。

前の記事

洗濯物干し場

次の記事

部屋干し、ホシ姫サマ