雨漏り、瓦・天井修理

富山市の小椋建築、代表の小椋です。

天井の雨漏り修理行ってきました。

棟瓦の崩れ

雨漏り修理

雨漏りの原因を探しに屋根へ登ると、三角のてっぺんにある棟瓦が崩れていました。ちょうどこの真下が、天井の雨漏りの場所と一致したのでおそらく、この棟瓦のずれが原因と判断しました。

シートで応急処置

雨漏り修理

本職の瓦屋さんが、すぐに修理に来られないので、それまでの間雨が入らないように棟瓦の崩れた部分にシートを当て、飛ばないように袋に砂を詰めた重りを取り付けてきました。この後雨漏りが止まったので、間違いなくこの場所からの雨漏りと確認出来ました。

この黒い艶のある瓦は、少し靴が濡れているだけでツルツル滑るので、とても危険です。重りを運ぶのも結構こわかった。。

雨漏り修理

屋根修理の後は、天井の修理です。濡れた部分の天井ボードをめくって、中の下地が腐ってないか確認し、新しいボードを貼り上からクロスを貼って完成となりました。

雨漏り修理

ついでに建具調整

雨漏り修理

天井の修理をしているとき、お施主さんに建具の調子が悪いんだけど見てもらえる?と聞かれ、もちろんOKです。と早速調整してきました。既製品の建具は六角レンチやドライバーで簡単に調整ができます。簡単と言ってもやはり慣れていないと難しいので、その際はお気軽に声を掛けて下さいね。

小椋建築では、生活の不便を便利に変え、快適に使ってもらえるように、そして快適に生活できるようにお手伝いをさせて頂いています。家に関わる気になること、お気軽にご相談・お問い合わせ下さい。私小椋がお客様担当です。

前の記事

部屋干し、ホシ姫サマ

次の記事

ユニットバス工事